感動的な結婚式に!心の忘れ物をしない準備の進め方

3つの柱を念頭に考える

結婚式を単なるイベントではなく、新しいステージへの大切なスタートラインです。自分たちを支え見守ってくださった人々の愛を確認し、その方たちと一歩も二歩も近づくことができるまたとない日です。どんなに時代が変わろうとも結婚式には欠かすことのできない3つの柱があります。ありがとうの心を伝える感謝の柱、これから夫婦として生きていくけじめの柱、感謝とけじめを大切にする人たちが味わえる感動の柱を意識して結婚式をデザインしてみましょう。

結婚式の不思議なパワー

結婚式当日、感謝とけじめ、感動を心に刻んでスタートラインに立つことができれば、長い人生で悩みや問題が持ち上がっても最善の対応で乗り越えることができるでしょう。結婚式には不思議なパワーがあるといわれ、たとえば、これまでの人生や親子関係にわだかまりがあっても、たった30分でリセットできてしまいます。それは、人生を大きく変える仕切り直しの時間でもあるのです。人生のけじめや感謝を感じることができた人は幸福であり、大切な柱をメインに心に残る結婚式を挙げましょう。

結婚式を挙げる意味とは

長い人生の中には何度か節目のようなものが訪れます。うれしいことやつらいこと、いろいろな節目があって、それを超えていく度に人間は成長できるでしょう。結婚式は人生で最も誇らしく大きな節目です。予期せずして訪れたものでなく、二人で結論を出した節目ですよ。今までの自分を振り返り、新たな気持ちで未来を見つめることが二人が大きく成長するチャンスになります。その気持ちをしっかりと胸に抱き、けじめを感じながら凛とした姿で式にのぞみましょう。

白金の結婚式場にはゲストハウスがあるので上質な空間が広がっています。料金プランも豊富なので納得できます。

loading
×