こだわらない結婚式!身近な人だけで実施しよう

堅苦しい結婚式からの脱却

結婚式に対するイメージとして、自分がお世話になった人たちをすべて集めて行わなければならないと考えている人もいるでしょう。家族や友人だけでなく、会社の上司や同僚なども集めて形式張った場にするのが常識だと感じているかもしれません。しかし、その堅苦しさが嫌になって結婚式が億劫に感じられてしまったら元も子もないでしょう。あくまで結婚式は結婚する二人のためにあるものです。堅苦しい結婚式が嫌ならそこから脱却を図りましょう。

家族だけで行うとリラックスできる

リラックスできる結婚式を挙げたいと考えたら、会社の人を招待するのはやめてしまうのが得策です。家族だけに限ってご両家の挨拶という考え方から結婚式を計画してみましょう。互いに大きな家族を持っていたとしても二十人程度で済み、親戚まで含めても五十人にも満たない程度で済むでしょう。少ない人数で行えば気を使う必要もあまりなくなり、リラックスして挙式ができます。本当に家族だけで行うのも念頭に置いて、できるだけ小さく収めるように考えてみましょう。

友達も集めて小規模な結婚式

会社の人が来ると堅苦しいイメージができてしまいがちですが、友達は集めて楽しい結婚式にしたいと考えたらそれも自由です。特に仲の良い友達だけを招待して小規模な結婚式にするのも堅苦しさをなくすのに適しています。家族との折り合いをつけて形式張った面と羽目を外す面とをうまく調節しなければならない場合もありますが、概して気楽な結婚式を実現できるでしょう。結婚する二人が望む形で結婚式を挙げられるのが最も大切なので、形にこだわらずに招待する人を選ぶのが大切です。

少人数での結婚式は、新郎新婦の希望を最大限に反映できるという魅力があり、希望者の数が増えてきています。

少人数のウェディングはこちらから
結婚式を少人数の更新情報
loading
×