何を選んだらいい!?いろいろ迷う結婚指輪の素材

一番人気は定番のプラチナ

結婚指輪は毎日身につけるモノ。そのため、長く使えるものを選ぶ人が多く、酸化や硫化による変色が起こらず、いつまでも白く美しい輝きを失わないプラチナは、2人の愛の象徴としてふさわしい素材といえるでしょう。純度によって硬度や値段が変わり、純度が高くなるほど硬度が下がり、傷がつきやすくなります。結婚指輪だから純度100%のモノを選びたくなるかもしれませんが、毎日身につけるとあっという間に傷が目立つようになってしまいますよ。使用状況や予算に合わせて選びましょう。

美しい色合いが人気のカラーゴールド

カラーゴールドはゴールドに他の金属を混ぜて色味を出したもの。繊細なデザインの指輪に向いています。中でもピンクゴールドは、優しく華やかな印象を与えてくれるため、女性に人気があります。デメリットとしては、カラーゴールドは変色しやすいこと。そのため、変色を防ぐために使用後は汗を拭いたり、水仕事やお風呂のときには外したり、と日常使いにはちょっと不向きな一面も。他の金属との合金のため、長年使っていると変色は避けられませんが、それも味ととらえて選ばれる方も多いようですよ。

ちょっと変わってる?チタンやジルコニウム

最近ではチタンやジルコニウムといった素材の指輪もあります。チタンは軽い上に傷にも強く、変色もありません。工業的なイメージが強いので結婚指輪としてはどうなの?という声もありますが、素材としては優秀といえます。また、色をつけることができるので、カラフルな指輪に仕上げることができます。ジルコニウムは見た目はプラチナのようですが、光を浴びると虹色のように見えるのが特徴。医療器具などにも使われる金属で、金属アレルギーが心配な方でも安心して身につけられますよ。

結婚指輪を神聖な指とされる左手の薬指に嵌めていると、周囲には結婚していることが伝わります。夫婦間においても、指輪を嵌めていることでお互いの関係が繋がっていると認識出来ます。

結婚準備を探す
loading
×